事業案内

商品開発機能

TOP事業案内 > 商品開発機能

商品開発は会社の“顔”地域の魅力を活かした商品を作ります

メーカーの商品を小売店へ。川上から川下へつなぐのが中間流通業ですが、歴史をさかのぼれば、昔の問屋は自社商品を持っていました。当社でも、旭食品らしい商材を持つことで、存在感を出したいと考えています。
大手メーカーと違い、規模が小さくても商品化ができるのは問屋ならではの利点。地域に埋もれている良質な素材を発掘し、オリジナルの商品を開発しています。お客様が安心して手に取れるよう、会社の顔となれるよう、今後も自社商品の開発に注力しアイテム数を増やします。

高知の魅力を全国へ

地域に埋もれているいいものを発掘し、商品化をしています。中心となるのは、高知市土佐山のゆずぽん酢「ゆずづくし」をはじめとする、本社のある高知の食材を使った商品。
高知では知られていても県外では知られていないものもたくさんあります。そういった魅力あふれる食材を“開発・調達”するのが私たちの大事な仕事です。


業務用商材に革命を「パン粉革命」

業務用商材として開発した商品に「パン粉革命」があります。スーパーマーケットの惣菜用のパン粉で、おいしさと健康を追求した結果、油をあまり吸わず、時間が経ってもサクサク感が残る画期的なものとなりました。レンジで温めれば揚げたてとほとんど変わりません。


産地を売り込む「飛騨高山の手づくりビーフカレー」

飛騨高山にある名店「キッチン飛騨」オーナーシェフこだわりのカレー。味も「ビーフ」「ビーフ辛口」「ハンバーグ」「ハヤシライス」の4種類。一つ一つ心を込めて手詰めでつくられています。産地を売り込む商品として、飛騨の切り絵職人が作った風景画をパッケージデザインに入れています。


日本のおいしいものを厳選「ごちそうなばし」

高知の食材を中心に、国内各地域の魅力を活かした商品を当社が独自で選び、“日本のうまいもんセレクション”として「ごちそうばなし」ラベルを貼って売り出しています。