事業案内

情報システム機能

TOP事業案内 > 情報システム機能

モノと情報の流れのシステム化実現に成功。さらにハイクオリティーな物流を目指します

めざましい社会的ニーズにいち早く対応し、「食の安全・安心」に貢献する旭食品。多数の商品を効率的に流通させていくことが、食品卸売業として重要であると捉えています。そのために、物流センターなどのインフラと同時に、情報システム面での支援を充実。スピーディー、ローコスト・ハイクオリティーな物流体制が実現しました。

革新集配信システム

流通業界におけるデータ交換の標準化推進に向けて、流通BMSを使用する次世代XML-EDIに対応。2007年、集配信システムの構築を完了しました。そして、業界にける標準化の推進にとともにお得意先様との流通BMSによるEDIもスムーズに稼動し、データ交換が即時に対応可能となりました。


基幹系情報システム

販売管理システムを全社統一した統合システムにより、営業・管理業務の集中と効率化が実現しました。CVS・SM・地域の小売店など全てのお得意先様にフルラインで対応できる仕組みとなっています。


物流情報システム

ホストコンピューターと連動し、入出荷の検品管理の精度アップ。無線LAN機能のハンディターミナル導入により、現場での入出荷情報のやり取りが可能となり、効率化がアップ。同時に高精度、ローコスト物流、ジャスト・イン・タイム配送を実現。レベルの高いサービスを提供しています。


リテールサポートシステム

お得意先様に対する受注支援システムを導入。現在、全国で約1,000店のお得意先様と約300の仕入先様が利用されています。また、各支店には棚割りシステムを導入し、POSデータによる棚割り分析やモデル棚割りをタイムリーに提供。売場の活性化や販促促進のための情報支援を行なっています。