事業案内

事業案内

TOP事業案内 > 事業案内
食を原点に“トータル”な視点で考える

『小売業へ商品をお届けすること』それが中間流通業の基幹機能ですが、それだけでは現在の食生活の流通を支える企業として生活者のニーズに応えることは出来ません。今の時代、ローコスト化や効率アップを目指し、流通全般をトータルにとらえ、現状を分析、提案し新たな時代の動きに敏感であることが要求されています。
旭食品では、食を原点に、それを取り巻くすべてに視点を置いていきたい、と考えています。中間流通業として、メーカーとして、小売業として、消費者として、あらゆる視点で今を知り、未来を見据え、より円滑によりクオリティーの高い供給システムの構築に努めています。業界を担うリーディングカンパニーとして、人と社会に貢献していきたいと考えています。


時代のニーズに合わせた サービスを提供することで食の物語を演出。

商品開発は会社の"顔"。地域の魅力を活かした商品を作ります。

モノと情報の流れのシステム化の実現に成功。さらにハイクオリティーな物流を目指します。

中間流通業の“核”となる物流のコスト、仕組みを明確化し、効率的なサービスを提供。