会社案内

トップメッセージ

TOP会社案内 > ごあいさつ
社長メッセージ
地域を繋ぎ、世界と結ぶ
代表取締役社長 竹内 孝久
代表取締役社長
竹内 孝久

旭食品は2003年の80周年を機に、改革の旅に出発しました。食をめぐる環境が戦後最大の変化に直面するなか、みずからの抜本的な革新なくして、食流通に携わる社会的責任を果たすのは難しいと考えたからです。
日本の少子高齢化と市場のグローバル化は私たちを直撃しています。しかしその厳しさを逆手に取ったとき、明日への手がかりが見えてきました。苦しい旅で出会った盟友と結成した、トモシアホールディングスもその一つです。地域に発するからこそ、全国の地域を繋ぐパワーを発揮し、エリアと機能を広げてきました。
そして中期経営計画「NEXTAGE100」は、さらに大胆に前へ出る取り組みです。従来の強みである≪地域密着≫と≪現場力≫を川上分野や海外市場という新たな領域に広げることにより、地域貢献力、社会的価値を高め、次世代の問屋に変化し続けます。
川上戦略とは、私たちが最も得意とする「6次産業化」を柱に据えた商流の再構築です。海外戦略とは、グローバル化を追い風に転じる輸出入事業の積極的な展開です。いずれもその実現には従来の卸を超える新しい業態、いわば「食の専門問屋」への進化が必須です。
旭食品が守ろうとしているのは、日本の豊かな食卓です。創り出そうとしているのは、食を通した世界との新しい関係です。旭食品のDNAである「勤労・開拓・和」の精神を軸とし、私は全力でこの使命をまっとうする覚悟です。